なるほどブログ

10社以上のインターンに参加していた東大生です。日々の暮らしで感じたことをポストしていきます。ダンス。読書。音楽。プログラミング。

あなたは山登り型ですか?川下り型ですか?

こんばんは。YUUです。

今日から面接解禁ですね。

 

銀座や東京にはスーツ姿の就活生にあふれていました。

 

世の中には山登り型の人間と川下り型の人間がいます。

 

夢を描き、夢に対して努力していく前者。

大きな夢はなく、目の前にあるものに対して愚直に取り組んでいく後者。

 

自分はこっちだ!と二元論的に評価するのもナンセンスです。

目の前のことに愚直に取り組むことなんて当たり前な気がします。

どちらが正解というのもないような気がしています。

 

人生というのは選択の連続でできています。

その時その時自分がどういう選択肢を取るのかで人生は変わっていきます。

 

「自ら機会を創出し、機械によって自らを変えよ。」

 

自分は今いったい何ができるのか、何をするのか。

その繰り返しで人は人生を形作っていくのだとするならば、一つ一つの意思決定にもっと責任を持つことができるような世界を作りたい。

そして一つずつ自分にできることを増やしていく。

そうすればいずれ目の前には大きな世界が広がっているのではないでしょうか。

 

そんなことを今日は考えていました。

いつまで嫌いな自分と向き合ってるんですか?【ストレングス・ファインダー】

f:id:arsenal0822:20170530202957p:plain

 

こんばんは。YUUです。

 

突然ですが、みなさんの強みは何ですか?

 

こんな言葉があります。

 

「才能を隠してはならない。それは、使うために作られたものだ。日陰に置かれた日時計に一体何の意味があるだろう。」

- ベンジャミン・フランクリン

 

なるほど、確かにおっしゃる通りです。

 

最近の世の中は得てして人の欠点に着目し、それらを克服することに多大なエネルギーを費やしがちです。

 

そんな閉塞感溢れた世界に一石を投じる「ストレングス・ファインダー」なるものを本日受けました。

 

ストレングス・ファインダーについて詳しくはこちら。

strengths-labo.com

 

簡単に言うと、ストレングスファインダーは書籍を買うとついてくるアクセスコードを使うことで利用できるWEBテストです。

30分ほどの性格診断テストを行うことで、あらかじめ分類された34項目の中からTOP5

を出力してくれます。

 

僕の結果は、

1    達成欲   ビデオPDF

2    学習欲   ビデオPDF

3    内省   ビデオPDF

4    指令性   ビデオPDF

5    最上志向   ビデオPDF

でした。
 
基本的にはこれらの資質の説明と、個別にパーソナライズされた診断結果が出力され、それに伴う行動指針なども提示してくれます。
 
例)最上志向
 

優秀であること、平均ではなく。これがあなたの基準です。
平均以下の何かを平均より少し上に引き上げるには大変な努力を要し、あなたはそこに全く意味を見出しません。
平均以上の何かを最高のものに高めるのも、同じように多大な努力を必要としますが、はるかに胸躍ります。

自分自身のものか他の人のものかに関わらず、強みはあなたを魅了します。
真珠を追い求めるダイバーのように、あなたは強みを示す明らかな徴候を探し求めます。
生まれついての優秀さ、飲み込みの速さ、一気に上達した技能――これらがわずかでも見えることは、強みがあるかもしれないことを示す手がかりになります。
そして一旦強みを発見すると、あなたはそれを伸ばし、磨きをかけ、優秀さへ高めずにはいられません。
あなたは真珠を光り輝くまで磨くのです。

このように、この自然に長所を見分ける力は、他の人から人を区別していると見られるかもしれません。
あなたはあなたの強みを高く評価してくれる人たちと一緒に過ごすことを選びます。
同じように、自分の強みを発見しそれを伸ばしてきたと思われる人たちに惹かれます。
あなたは、あなたを型にはめて、弱点を克服させようとする人々を避ける傾向があります。
あなたは自分の弱みを嘆きながら人生を送りたくありません。
それよりも、持って生まれた天賦の才能を最大限に利用したいと考えます。
その方が楽しく、実りも多いのです。
そして意外なことに、その方がもっと大変なのです。

 

 

もうこれただの俺だあああああああ。

 

 

自分の強みを把握できることは非常に意味のあることだと思うので、是非やってみてください。

 

何だか肩の荷が下りたみたいで気が楽になりました。

 

早く強み生かしてえ。

 

書籍はこちらです。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

 

 

それではまた。 

今本当に取り組むべきことは何なのか

f:id:arsenal0822:20170529224607p:plain

 

こんばんは。

お久しぶりです。YUUです。

 

しばらく熱を出して寝込んでしまっていました。

3ヶ月毎日更新する目標はあえなく失敗に終わりました。

しかし一度中断しても戻ってこられたことは以前に比べると大きな進歩です。

 

しばらく寝込んでいたこともあって、今本当に取り組むべきは何なのかということについて考える期間があったので、少しそのことについて書こうかなと思います。

 

まずはこちら3つの図を作成しました。

 

f:id:arsenal0822:20170529224956p:plain

 

f:id:arsenal0822:20170529225036p:plain

 

f:id:arsenal0822:20170529225113p:plain

 

今自分が考えうる今後取り組みたいこと、取り組まなければいけないことを

 

・インプット

・アウトプット

・その他

 

の三つで分類し、それらを

 

・緊急度

・重要度

 

の二軸でマッピングしました。

 

意外と自分が取り組むべきだと考えていることが少ないことにびっくりしました。

これら詳細への言及はおいおい話したいと思います。

 

これら取り組まなければいけないものは、目指すべき姿、実現したい世界がまず第一にあった上で、それらと現在の自分とのギャップを考えた上で洗い出すことができます。

 

もし、目指すべき姿、実現したい世界がまだない場合は、それらを見つけるために自らの知らなかった世界を知るための行動も含まれます。

 

世の中は何かと「お前は何がしたいんだ?」「お前は何を成し遂げたいんだ?」と問い詰めてくるものです。

 

しかし自分の人生は自分しか責任を取ることができません。

ゆっくり探していけばいいんじゃないか。

 

人生は100年あります。

 

「何かを成し遂げるには早く取り組むべきだ。」

 

そんな簡単なことは言われなくてもわかっています。

 

しかしビルゲイツ孫正義はどちらが何歳年上かなんて知っていますか?

 

世の中いつ何が起こるかわからないものです。

 

安易に一般論に流されず、自分が納得できるような意思決定を積み重ねることでおのずと道はひらけてくる気がしています。

 

結論として、やはり自分は世の中のことを知らなすぎる。

今まで自分が置かれたことのない環境に飛び込んでみるべきだと強く感じています。

 

多くの人に会い、議論を交わし、様々な価値観に触れる。

そうして自分の世界を広げていくことが今の自分にとって、一番取り組むべきことだと感じています。

 

それではまた。

稼ぐための仕事はもうやめよう

f:id:arsenal0822:20170522225439j:image

 

こんばんは。YUUです。

 

今日は「仕事とはなんなのか」について悶々と考えていました。

 

一般的に仕事をする=お金を稼ぐことという意味で使われていると思います。

 

稼ぐことは目的ではない。

好きなことをするために稼ぐんだ。

 

という言葉をどこかで聞いたことがあって、その通りだなと感じています。

 

家族との幸せな時間を過ごすため、友人と遊ぶため、おしゃれをするため、自分が人生で大切にしたいことを継続するための最大公約数的な答えが多くの人にとって「仕事をすること」になるんじゃないか、とか。

 

いわゆるマズロー欲求一気通貫して満たすことができるものという感じですね。

www.motivation-up.com

 

好きなことを仕事にできれば最高です。

好きな仲間に囲まれ、好きな業務だけができる。そしてお金を稼ぐことができる。

 

しかしそんなことができるのならば誰もそうしています。

そうすることができないのはどうしてなのでしょうか。

 

そもそも人生を仕事をしている時間と仕事をしていない時間に二分すること自体がナンセンスなのかもしれません。

しかし稼ぐことと好きなことをするというのが必ずしもリンクしない以上どうしようもありません。

 

好きな仲間を集めて起業すればいいんだよ!と多くの偉い人たちが言っていますが、世の中の大半はそこまでの元気もやりたいこともモチベーションもないです。

スキルは必要だし、リスクもあるし、やればできる!なんてもんじゃないですよね。

 

成功している人たちの声が大きい以上、大多数の人にはなんとも生きづらい世界になっているように感じます。

 

だからこそ今自分にできることは、少なくとも自分が好きだと感じるものを一つでも増やしていくことだと感じています。

自分に新しいものをもたらしてくれる存在をこれまで以上に大切にしていきたい。

そう強く感じた1日でした。

 

あなたにとって「仕事」とはなんですか?

 

 

五月祭委員会は何がしたいのか

こんばんは。YUUです。

 

今日は母校の文化祭に行ってきました。

五月祭です。

 

五月祭には、文化祭実行委員の五月祭委員会という組織が存在します。

今日は、この五月祭委員会が死ぬほど腹立つという話をしたいです。

 

五月祭委員会は、五月祭の成功のために全力をかけて何ヶ月もかけて準備しています。

五月祭委員会がいなければ五月祭を行うことが出来ないので本当に感謝すべき存在です。

 

しかしこの五月祭委員会がどうしようもなく視点が低い。

 

文化祭というのは、場所を提供する学校、機材を提供する生協、屋台を運営するサークル、学生団体、来場してくださるお客様、たくさんのステークホルダーがいます。

 

それに加え「東京大学」という名前を背負っている以上、問題を起こさないように尽力しなければいけません。

 

この中で誰に対してどういう価値を提供するかというのはすごく難しい。

 

しかし彼らは目の前の業務にこなすことに手一杯で、今目の前にいる人たちに対する敬意にかけているなと強く感じました。

 

主体的に仕事を出来ている人はあまりおらず、決められた業務に視野が狭くなり、ただ問題を起こさないの一点だけで必死に動いています。

 

そこにどういうコンセプトがあり、どういう哲学を持って運営しているのか全く伝わってきません。

 

僕たちは組織としてパフォーマンスをする側ですが、こちらも全力でお客様を楽しませるイベントを作っております。

その内容のすり合わせも行わず、当日は俺たちが文化祭をしきっているんだと言わんばかりに指示や文句ばかり出してきます。

手伝いなどは何もしません。

 

これではマネジメントは全く出来ないでしょうと。

 

あらゆるステークホルダーがいるとはいえ、目の前の人に対しては誠実に対応すべきです。

屋台を出している人たちには、みんなが頑張ってくれるからお客様が楽しんでくれるのだ、と。

そういう立場でいるべきです。

 

みんながみんな文化祭を成功させようと頑張っているという当然の認識が彼らには欠けています。

これでは末端の人たちを指揮するのは厳しいですね。

 

取り締まる存在として自分たちの意義を感じてるいる人が多く、極めて官僚的というか、何を成し遂げたいんだ?と感じます。

 

例年通り問題なく終えること、を目的としているのですか?と。

 

もう少し自分が何を成し遂げたくて、そのためには今一体どうすべきで、どう発言すべきなのかを考慮していただきたいものです。

ブログをやる意味

こんばんは。YUUです。

 

今日でブログを始めて17日目です。

 

17日も続けているとさすがに習慣になったみたいで、書いていないとそわそわしてきます。

 

当初は自分の頭の中の整理であったり、日々で学んだことを記録する意味合いでブログを始めました。

また定期的に読書をする習慣づけをしたかったということがありました。

 

いざブログを続けていると、それ以上に得られることたくさんありました。

 

日々生活している中で常にブログに落とし込めるようなものを探しているので、圧倒的に気づきの場が増えました。

そして意外と頭の中でまとまっているつもりのものもアウトプットすると意外とまとまっていなくて、自分の思考過程をより精度高く残すことが出来ている感覚がしています。

 

今まで僕は思考が入ったり来たりしていたのですが、ブログの中でセーブポイントをつくることで一つずつ進歩している気がしています。

 

これからも時間の許す限り更新していきたいと思います。

読んでくださっている方には本当に感謝しております。

こんな駄文にお付き合いいただき、とても嬉しいです。

 

これからもよろしくお願いします。

 

それでは、また。

 

 

ダンスイベント"THE ABSOLUTE vol.8"に行ってきます!

こんばんは。YUUです。

今日は待ちに待ったABSOLUTE vol.8です。

 

イベントの詳細はこちら。

THE ABSOLUTE! | DANCER'S-PRIDE ダンサーズプライド 公式ホームページ

 

23:00OPENですが、今日はちょっと早めに22:30ごろに到着できるように行こうかなと思っています。

 

僕はダンスを始めて5年になるのですが、アブソリュートに参加するのは今回が初です。

ダンスを始めた頃からずっとyoutubeでお世話になっていたあの場に参加できると思うとワクワクが止まりません。

 

こういうダンスの公演というのは特にダンスをやっていないと参加することはないと思いますが、本当にかっこいいです。

やはり生で見ないとわからないです。

このかっこよさを世の中にも知ってほしいと思うのですが、なかなかいい機会もありません。

 

僕が好きなtokyo footworkzの動画を貼っておきます。

www.youtube.com

 

本気でやっている人たちの本気を見てほしい。

 

僕がいつもお世話になっているtokyo footworkzのshu_heiさんがおっしゃっていました。

 

どんな世界であっても、それでお金を稼いでいる人たちの本気にはやはり何か感じるものがあると思います。

もっとどんどん自分の世界を広げていきたいと思いました。

 

ついでに みんなが忘れやすい注意事項を少し書いておきます。

 

* 深夜公演のため、18歳未満の方のご入場はお断りします。

* 当日会場にてIDチェックを行いますので、写真付き身分証明書のご用意をお願いいたいます。

* 撮影可能です。迷惑にならないようにお願いします。

 

それではまた!