読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なるほどブログ

10社以上のインターンに参加していた東大生です。日々の暮らしで感じたことをポストしていきます。ダンス。読書。音楽。プログラミング。

ブログ始めて1週間で5000PV行った話

f:id:arsenal0822:20170516233554j:image
 
こんばんは。YUUです。
先日書いたm-gram診断についての記事が思った以上にバズりました。
 
 
なぜこの記事がバズったのか考察して記録に残しておこうと思います!
3日で5000PV行ったんですよ!びっくり!
 
今回の記事でPVを伸ばした要因は二つかなと。 

順に思ったことを書いていきます。

 

 

1.流行のものを流行になりきる前に記事にした


 

なんだ、当たり前じゃねえか!!

 

って感じですよね。
 
でも自分的にはちょっとした発見があって。
 
「流行」とはいえニュースになるぐらい流行してるとダメなんですよ!
 
例えば最近だと「ガリガリガリクソンが逮捕された!」とか。
こういう記事は強い人たちがこぞって記事を書いていらっしゃるので、あんまり検索からの流入が見込めないっぽいです。
他にもDeNAのウェルクの問題とか記事にしたりして見てるんですが、検索からの流入が全くないです。
結構気合い入れて書いたからちょっと寂しい 笑
 
(こちらです)

proogramingreport.hatenadiary.jp

 
やっぱり自分の文章を改めて読み返してみると自己満な文章が多くて、みなさんに読んでいただくような文章じゃないんですよね。
無駄に長いというか。
自分の知識ひけらかしたいだけというか。
 
やっぱりシンプルで何が言いたいのかが明確に伝わる文章を書くべきですね。
発見とともに反省です。
 
 
そしてどうやって流行のものを流行になりきる前に見つけるのかって話。
 
僕の場合はツイッターです。
ツイッターでは流行に敏感な大学生を大量にフォローしているので、何やら面白そうなもの見つけた!みたいな投稿が頻繁に見られます。
昔はなんやねんこれーって思ってましたけど、情報収集だと思えばむしろありがたくタイムラインを追えます。
 
ちょっと人生が豊かになった気がします。笑
 
 
2.何やらたまたま検索上位表示された

 
どれくらい上位かていうと、投稿して2日目ぐらいには1ページ目の真ん中ぐらいにいましたね。
3日目は2ページ目、4日目からはもっと後ろになってしまって、全然アクセスがなくなりました。
 
わかってはいましたけど検索ってすごい...!
 
やはり初期にアクセス数を稼ぎたいのなら多少時間をかけてでもSEOに強い記事を書きべきだな、と。
もちろんその時点で魅力的なコンテンツがそのブログに溜まっていないとすぐアクセス落ちます。
これは経験談です。
 
一応m-gram診断の記事では、「m-gram診断」と検索をかけた人が一体どう行った情報を必要としているのか、自分なりに推測して書きました。
 
m-gram診断ってそもそもなんなのだろう?
何がわかるんだろう?
他の診断と何が違うんだろう?
個人情報とか大丈夫なのかな?
 
こう行った疑問に答えられるようなコンテンツを作成しました!
そのおかげかはわからないですが、結果検索で上位表示され、多くの流入を獲得することができました。
 
その際、1で説明した流行になりきってない流行になりそうなものってのも大きく影響を与えていると思います。
 
とまあ考察としてはこれぐらいで、でもなんだかんだ普段からちゃんと記事を更新していないと一時的にアクセスを稼いでもなんの意味もないな、と。
 
一応自分はこのブログを通して、普段生活していてなるほどなーって思ったことをみなさんと少しでも共有したいという思いで書いています。
その思いが自己満に終わらないようこれからも粛々と記事を更新していけたらいいなと思ってます。
暖かく見守ってください!
 
それでは、また!