なるほどブログ

DeNA,リクルート,SpeeeなどのIT界隈に出没している東大生です。今年の夏はサイバーエージェントでメディアの新規事業に関わります。

人を動かす事業家になる

 

これからどうやって人生を歩んでいくのかについて、一旦答えが出たのでまとめようと思います。

 

あなたは、これまでの人生を振り返った時に何かに夢中になっていたことはありますか?

 

小学校の時にやっていた空手、中高で取り組んでいたサッカー、受験勉強、そして大学でのダンス、インターンシップ、etc

 

僕が夢中で取り組んでいたことです。

 

抽象度あげます。

 

1.自分の能力を試す場であること

2.認め合える仲間たちと夢を見ていられること

3.かっこいいと思うもの(直感)

 

この3つかなという感じです。

 

今のところ。

 

これを踏まえて、将来どういう生き方をしていたいかというと、

 

「こいつらとなら絶対成功する!と思える仲間と、こんな世界にしたい、こういう風に世の中を変えていきたいと日々議論し、やりたいと思うことをやっていく。」

 

が今のところ一番しっくりきます。

 

それが成功するか失敗するかなんてどっちでもいいです。

 

てか成功させなきゃいけないと思うだけでなんか楽しくなくなりそうで嫌です。

 

自分が気持ちよく取り組めることが、たまたま世の中のためになっていればこんなにいいことはないなと。

 

それが世の中のためになってるかどうかなんて、それに取り組んでる人が判断するようなものじゃないんですよ。

 

判断するのは顧客です。

 

だからもう僕たちは好きなことに全力で取り組むだけでいいんじゃないでしょうか。

 

そんな無理して社会のために!とか自分偽らなくていいんですよ。多分。

 

自分の人生だし。

 

 

 

就職先はリクルートに決めました。

 

リクルートでは新規事業をやる上での環境、フレームワークが圧倒的にしっかりしていると思います。

 

どうせ将来自分でやりたいことやるなら、その世界の大御所の元で一度は学んでおきたい。

 

成功するかどうかは割とどうでもいいとか言ってたんですけど、死ぬほど負けず嫌いなので失敗するのは絶対嫌です。

 

勝率を高める方法論を一度学んでおきたい。

 

だからどっかのベンチャーに入って死ぬ気でスキルつける!みたいなのもなんか違うんだよなあ。

 

新卒でわざわざそこに飛び込む意味はないかなと。

 

てかやっぱリスキーじゃないですか?

 

NEW RINGとかはフィージビリティーめちゃチェックされるし、スキーム整ってるし、主力事業もめっちゃあるから無理せず色々挑戦できると思うんですよね。

 

だからこそしっかり顧客と向き合えるというか。

 

自分でやりたいならまず自分でやってみればいいじゃん、とかいう声が聞こえてくるんですが、別に成功することが目的じゃないし、まだ一緒にやりたい仲間も見つかっていないのでそれはちょっと違うんです。

 

「人を動かせる事業家になる。」

 

これを目標に30歳まで突っ走ろうと思います。

 

あー、スッキリした。